棒ノ折山(棒ノ嶺) 『山の日』

 平成30年8月11日(土)山の日

棒ノ折山(棒ノ嶺) 標高969m

 

飯能駅北口階段を降りると、埼玉県警でしょうか、消防の方々でしょうか。山の日のキャンペーンをやっていました。登山届の提出を促しグッズを配っていました。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812081444j:plain

山の日を楽しむ私達のために、暑い中朝早くから恐縮です。

活用させていただきます。

 

 f:id:kaze_kaoru:20180812075201j:plain

②番バス停に並んでいると、ヤマノススメ絵柄のバスが停まりました。良く見ると、座席にも柄が入っています。バスの中の写真も撮りたいな~と、さわらびの湯行きのバスを待っていたのですが、私たちの乗るバスは普通?のバスでした!残念。

 

8時30分発のバスに乗り、約40分でさわらびの湯バス停に到着します。f:id:kaze_kaoru:20180813090748j:plain

奥の建物右側にトイレがあります。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812082250j:plain

さわらびの湯バス停から左へ、舗装道路を真っ直ぐ15分程登り、左へ曲がり名栗湖(有馬ダム)の堤防を渡ります。綺麗な景色で癒されます。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812083056j:plain

堤防突き当りを右に曲がり、舗装道路を歩きます。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812083215j:plain

約10分程で白谷沢登山口に到着。午前10時。とても暑い。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812101244j:plain

登山口から暫く登山道を登ります。

 f:id:kaze_kaoru:20180812083529j:plain

30分程歩くと沢歩きが始まります。靴に水がかぶり結構な水量! 数日前に 関東を横切った台風が影響しているのかもしれません。

 f:id:kaze_kaoru:20180812083600j:plain

 

f:id:kaze_kaoru:20180812102001j:plain

 

f:id:kaze_kaoru:20180812134108j:plain

ゴルジュ帯

※ゴルジュ帯:両側から岩壁が迫った渓谷の事

 

f:id:kaze_kaoru:20180812102117j:plain

 上から見下ろす。

目の前に岩がドンと構えていて、どこから登ったらいいの? 上にいる人に「あっち?こっち?」と指差しで聞いてみる。こっち☞・・・見知らぬ人と無言の会話で教えていただきました。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812094536j:plain

不安定な石の上に足を置き、バランスをとりながら渡り、岩を登る。フクラハギと腿に負担がかかり張ってきます。さて、くさり場が見えてきました。そろそろ沢歩きも終わりに近づきました。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812102333j:plain

くさり場

沢歩きの中盤で雨が降り始め、くさり場を過ぎた所で雨具を着用。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812083629j:plain

岩茸石

 

f:id:kaze_kaoru:20180812115234j:plain

岩茸石からゴンジリ峠まで約15分。傾斜が結構キツく倍以上歩いたように感じました。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812092258j:plain

ゴンジリ峠から棒ノ折山まで約15分。木の根っこと長い階段が続きます。

「この階段、いったいいつまで続くんだろ?」と言いながら、お若い男性が二人、私達を追い越していきました。丸太の階段も根っこの登りも急斜面でキツイ登りなのです。山頂に近づくと視界が開け、原っぱのような景色が見えてきます。登りきると山頂です。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812091734j:plain

雨と霧で視界ゼロ。棒ノ嶺の標識が暗い。

山頂からの眺望を楽しみに登ってきたのですが、膨らんでいた期待が一気に萎んだ。残念としか言いようがない。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812091756j:plain

仕方ないから、標識でもいくつか撮りましょうか。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812091812j:plain

棒ノ折山(棒ノ嶺)標高969m

 

f:id:kaze_kaoru:20180812105613j:plain

【しばづと】飯能市名栗の郷土飯。赤飯を殺菌作用のある朴葉で包んだものです。朴葉の香りがほんのりして美味しかった。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812110054j:plain

 13時30分下山開始。岩茸石まで戻ります。

この時点で雨はかなり強く降っていました。岩の左側に、人ひとり通れるくらいの岩場の隙間があります。ここを通り抜け、滝の平尾根を下山します。

 

f:id:kaze_kaoru:20180813094354j:plain

 

f:id:kaze_kaoru:20180812091855j:plain

 滝の平尾根

 

f:id:kaze_kaoru:20180812091946j:plain

下山途中、雨は小降りになり視界が開けてきました。山頂からの眺望が望めなかった分、山と雲の景色に感動。ホンの僅かな眺望でしたが癒されます。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812111310j:plain

こんな感じで、いくつかの峰を超え、道路を渡りを繰り返し、さわらびの湯まで下山します。途中、道路に鹿が出てきました。チラッと私たちの存在を確認し、下の樹林の中へ走り去ってしまいました。

 

f:id:kaze_kaoru:20180812111521j:plain

この橋を渡り、左へ10分ほど歩くと、さわらびの湯に到着です。登山の汗を流し、17時55分発の最終バスで飯能駅へ向かいました。

 

 

<行程>

さわらびの湯  標高  252m

棒ノ折山    標高  969m   

        標高差 717m

 

 9時35分  さわらびの湯出発

 9時50分  名栗湖(有馬ダム)

10時00分  白谷沢登山口

10時30分  沢歩き開始

13時15分  棒ノ折山到着

13時30分  下山

16時05分  さわらびの湯着

17時55分発 飯能行きバス乗車(最終便)

  ※バスの時間は事前に調べておく必要有り(バスの間隔、最終便等)

    

【歩程 9.6km】

【歩行時間 6時間30分(昼食・休憩含)】 

※暑さもあり、足がつったり、つりそうになった人が複数おり休憩を多くとっています。気温の低い時期でしたらもう少し短い時間で登れるであろうと思われます。

 

※熊出没注意!マムシに注意!の看板がありました。鹿も姿を現したし、自然界の動物たちがたくさん生息しているようです。東京都(奥多摩)と埼玉県(飯能市)の都境・県境にある棒ノ折山ですが、身近にある行きやすい山と思っていましたが十分注意が必要でもあるようです。