花 いろいろ

ツルレイシ

2020.8.6(木) ツルレイシ(蔓茘枝) 熱帯アジア原産 別名:ニガウリ、ゴーヤ 花期:7月~10月 草むらの中に咲いていた黄色の花。何の花だろうと思っていたらゴーヤでした。支柱も無く、草むらの枯れた茎に蔓を巻き付け、地面を這うように咲いている。 …

ツユクサ 『 シロバナツユクサ 』

2020.8.5(水) ツユクサ(露草) 路傍のいたるところに生える。朝咲いて夕方しぼんでしまう一日花 葉は先が尖り基部がやや広い披針形で無毛花弁は3枚で、2枚が青色、1枚は無色 雄しべ6本。①上部黄色:仮雄しべ3 ②中央黄色:花粉の少ない雄しべ1 ③下部…

ハゼラン

2020.8.4(火) ハゼラン(爆欄) 別名:三時花(サンジカ)、三時草(サンジソウ) 午後3時頃に咲き、夕方(暗くなると)閉じる 花火草(ハナビグサ) 蕾や果実が花火を連想させる 南米原産 明治初期、観賞用として導入された(帰化植物) 花期:夏~秋 生…

ゼニアオイ 

2020.8.3(月) ゼニアオイ(銭葵) ヨーロッパ原産 薄ピンクに紫の5弁の花。花期は6月~8月 葉は掌状に浅く5~7裂。縁は鋸歯 若い果実 まるで描いたように長い触覚。蜂に似てるけど・・・ ゼニアオイは全体的に無毛のようですが、この植物には茎に荒い…

イヌホオズキ

2020.8.1(土) イヌホオズキ(犬酸漿) 日本全土の畑や道端に咲くナス科の植物 背丈30~50cm程度 草に覆われた道端に小さな白い花が咲いていた。 花は首を垂れ、まったく目立たない 5~7mm程度の白い小さな花 花は下向きに咲く ジャガイモやナス…

エノコログサ

2020.7.26(日) エノコログサ(狗尾草) ネコジャラシと呼んでいた雑草 エノコログサ ムラサキエノコログサ(紫狗尾草) 剛毛、花を含む小穂(しょうすい)が連なるイネ科の植物 毛先が紫色で、全体が光っているように見える 葉は無毛 緑色のエノコログサと…

ニラ(韮) 『 やさいに咲く美しい花 』

2020.7.25(土) ニラ(韮) インド~中国原産 空き地の雑草の中に咲いていた小さな白い花 雄しべ6本、子房(雌しべの基部)3室 花弁3枚、苞3枚 6枚の花びらに見える ※苞(ほう):蕾を包む葉が変形したもの 8月6日 雄しべが茶色くなってきた。虫が留…

フライングソーサー 『 青いストライプのアサガオ 』

2020.7.21(月) 西洋アサガオ:フライングソーサー(空飛ぶ円盤) 白地に青や紫のストライプが入る 白地にストライプの模様が入る 萼、蔓、葉に短毛がある。

桔梗(キキョウ) 『 白い紙風船のようなつぼみ 』

2020.7.18(土) 桔梗(キキョウ) 東南アジア原産 別名:バルーンフラワー 白桔梗(ききょう)のつぼみ つぼみは、風船のように膨らむ 上から見ると、白い紙風船のよう 花びらの上に・・ 小さな虫が留まっています 雄しべが花粉を出し切ると、雌しべが開く…

アップルミント 

2020.7.13(月) アップルミント 和名:丸葉薄荷(まるばはっか) 穂状に咲いている白い花がオカトラノオに似ているなぁと思っていたらミントでした 雄しべ4本、雌しべ1本 雄しべが長く突き出し、葯(ヤク)が薄紫色をしている 葉は円形で、表面は凹凸があ…

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)

2020.7.8(水) カシワバアジサイ(柏葉紫陽花) 北アメリカ原産 雑草が茂る草むらに、赤茶色に染まって咲いていた。 大きく重そうに房状に咲いている 八重咲の花の中央が緑色に色づく 葉が「柏の葉」に似ている

ヨウシュヤマゴボウ

2020.7.7(火) ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) 別名:アメリカヤマゴボウ 北アメリカ原産(帰化植物) 明治初期に渡来。市街地などで雑草化する。果実と根に有毒成分を含む。 厚生労働省HP「食中毒:自然毒リスクプロファイル」に記載あり 葉は長楕円形…

ヤブカラシ(藪枯)

2020.6.24(水) ヤブカラシ(藪枯) つる性多年草 みどり色の花びら。紅色の花柱(かちゅう)は短く、雄しべがある雄性期 雄しべ、花弁が落ち花柱(雌しべ本体)が伸びた雌性期。花蜜が溢れる 花期の終期。花頭が枯れ、花盤が淡紅色になる ※松江の花図鑑を…

ハキダメギク

2020.6.23(火) ハキダメギク(掃溜め菊) 北アメリカ原産 白色の舌状花は5個、中央に黄色の筒状花が多数ある 葉は対生、縁に浅い鋸歯。枝先に頭花を1個ずつつける。頭花は直径5mm程度 茎葉に白毛が多い 線路沿いの草むらにに咲いていた。 ナワシロイ…

ヘリオプシス

2020.6.21(日) ヘリオプシス 別名:ヒメヒマワリ(姫向日葵) アメリカ原産 16枚の舌状花 頭状花は多数の筒状花が咲き、盛り上がる ヘリオプシスの蕾。萼と茎には細かい毛がある 葉の周囲は鋸歯。葉は薄い 背丈は50~150cmくらいある 一か月後、…

シュッコン バーベナ 『 紫紅色の花 』

2020.6.17(水) シュッコン(宿根)バーベナ 別名:バーベナ リギダ 南アメリカ原産 上から見ると芝桜に似ている 横から見てみると、花筒が長く全く違う形をしていた 長い花筒の先が、5裂に開く。花筒約10mm、花径約5mm 花は咲き上がり、花穂が長い…

タイマツバナ(松明花)

2020.6.16(火) 和名:タイマツソウ(松明草)、タイマツバナ(松明花) 赤い花をタイマツの炎に例えた名前 別名:ベルガモット、モナルダ 北アメリカ原産 ハーブ、ポプリとして利用される 小さな花が集まって放射線状に咲く。 筒状の花が上下に重なり、唇…

ジニア プロフュージョン 『 百日草 』

2020.6.12(金) ジニア(百日草) プロフュージョン 蕾の周囲を丸まった筒状のものが囲んでいる。何だろう・・と思っていたら、 花びらでした 少しずつ花びらは開き、 開花した。ピンクの舌状花、中央に筒状花 筒状花は盛り上がる 黄色の花冠は5裂、開花後…

ドクダミ

2020.6.3(水) ドクダミ(毒矯み) 山野の木陰や湿地に多い。茎の高さは30~50cm。 このドクダミは高さ70~80cmほどは。お茶の木を超えて茎を伸ばしていた。 4枚の白い花びらに見えるのは総苞(蕾を包むように葉が変形したもの) 花は3cmほ…

ムラサキツユクサ

2020.6.1(月) 今日から6月。朝から小雨が降っています。 一時間ほど近隣をウォーキング。私が歩く畑道ですれ違う人はまばら。向こうの道に一人、さらに別の道に一人。交差する場所で2~3人の方々とすれ違い、ぐるりと見渡すと7~8人ほどの方々が歩い…

クラシックガーベラ スーパークリムソン

2020.5.30(土) クラシックガーベラ スーパークリムソン 南アフリカ原産 別名:アフリカセンボンヤリ キク科宿根草 昭和初期~1970年代まで流通していた昔のガーベラ。以降、大輪系やポットガーベラへ移り変わり途絶えた。 このガーベラは道路沿いの一画に…

アルストロメリア

2020.5.29(金) アルストロメリア(和名:ユリズイセン) 南アメリカ原産 アンデス山脈の寒冷地に自生する 草丈20~40cm 1本の茎に三輪の花を付ける 花被片は6枚。内側に3枚、線斑点の花弁がある。外側3枚は萼片。 雄しべ6本、雌しべ1本で子房…

ヒメツルソバ

2020.5.27(水) ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦) 別名:ポリゴナム ヒマラヤ原産 多年草 明治年間、花卉(かき:観賞用)としてロックガーデン用に導入された。 葉には紫色のV字(山型)の斑紋がある。地面に接して伸びる 淡紅紫色の小花が球状に固まった直径1…

ネズミモチの花

2020.5.26(火) ネズミモチ 常緑樹 高さ2~5m つぼみに十字の筋がある 5mm程度の小花が密集して咲く 雄しべ2本、雌しべ1本。中央に雌しべが見える 雄しべと雌しべは花筒から少し突き出る。花弁は外側に反り返り筒部が長い 葉は楕円形で厚みがあり艶…

紅色のシモツケの花

2020.5.25(月) しもつけ(下野) 東アジア原産 高さ50cm~1m程度 花径3~5mm 密集して咲く 葉は長楕円形でギザギザの鋸状になっている 雄しべは花弁より長く、25~30本。雌しべは5本 クラピア イワダレソウの品種改良した緑化植物(グラン…

空と同化するブルーの『あじさい』

2020.5.24(日) 4月7日発令された緊急事態宣言は、明日5月25日に解除となるようですね。 私の山歩きは2月22日、青梅丘陵を最後に止まっています。あれから三か月、アップダウンのある山道を歩いていません。足腰の筋力も低下しているだろうなぁ・・…

ムシトリナデシコ

2020.5.23(土) ムシトリナデシコ(虫取撫子) 別名:コマチソウ(小町草) 南ヨーロッパ原産 葉や花を水でゴシゴシすると泡立つことから、「せっけん草」とも呼ばれる。 花びらは5枚、小さな尖った花びらのようなものは副花。一枚の花びらに2枚の副花が…

アグロステンマ

2020.5.22(金) アグロステンマ(和名:麦仙翁 ムギセンノウ 別名:麦撫子 ムギナデシコ) ヨーロッパ原産(帰化植物) 道沿いの草むら一面に咲く、白と薄紫の花。 この花、「ヨーロッパの麦畑に咲く雑草」なのだそうです。雑草とは思えないくらい綺麗な花…

芍薬(シャクヤク)

2020.5.17(月) 4月下旬、赤茶色の葉を見つけた。春なのに紅葉しているような色だけど・・ 4月26日 葉も蕾を赤茶色 5月3日 1週間ほど過ぎると葉は緑となり、蕾の先から僅かにピンクの花びらが見えてきた 5月8日 花びらの形が見えているが、なかな…

シロバナシラン(白花紫蘭) 

2020.5.17(日) 地面から20~30cmの高さで、白く長細い花が咲きだした。 大きくは開かず周囲の草木に隠れるように、ひっそりと下向きに咲いている。 シロバナシラン(白花紫蘭) 漢方薬としても用いる 下から覗き込むように見ると、 5枚の花びらと、…