冬の花 『シモバシラ』を探して

 

f:id:kaze_kaoru:20180211131028j:plain

9月に奥高尾で咲いていたシモバシラの花。

 

 

 冬になると、枯れた茎の中に吸い上げられた水分が茎を巻くように凍って氷の花を咲かせます。12月下旬から1月末くらいまで見られるそうです。

凍って、溶けてを繰り返かえすうち、茎がボロボロになり花が咲かなくなってしまうそうです。

 

 平成30年1月6日。小仏バス停から景信山を登り、高尾山まで縦走しました。

下のシモバシラの花は、もみじ台下の巻き道を歩いている時に見つけました。既に午後2時頃になっていましたから、かなり溶けてしまっているのでしょうね。

でも、茎に巻き付いているのがわかります。

f:id:kaze_kaoru:20180211124141j:plain

 

f:id:kaze_kaoru:20180211124202j:plain

f:id:kaze_kaoru:20180211124531j:plain

 

 今年は12月の下旬~1月下旬。早い時間帯に見にきたいと思います。

午前9時頃が良いようですよ。